メガリスの基礎情報

・メガリスとは?・
メガリスの話をするには、まずシアリスを紹介する必要があります。シアリスは2007年に国内で発売開始された最新のメガリス勃起不全治療薬です。ご存じのバイアグラには「持続時間が短い」「食後や飲酒後に飲むと効果が薄くなる」などの短所がありました。しかし、シアリスにはそんな短所はありません。36時間の効果持続時間を誇り、食事や飲酒の影響も受けにくいため人気を集めています。また、バイアグラやレビトラといったメガリス勃起不全治療薬に比べて副作用がマイルドと言われており、安全性の高さにも定評があります。

・メガリスの効果について・
インドのマクレオーズという製薬会社よりシアリスのジェネリック製品としてメガリスの販売がされてます。メガリスは主成分にシアリスと同じタダラフィルが含まれており、服用して早い方であれば30分程度で効果が表れ、持続時間も24時間~36時間ととても長時間となっています。じっくり時間を掛けて性行為を何度も楽しんでみたいと考えている貴方に最適で、持続時間も長時間になる事から、服用のタイミングを考慮する事で2夜を楽しむことも出来そうです。水に溶けにくいタダラフィルが含有されていますので、性行為の3時間前程度には空腹時に水またはぬるま湯で服用します。

1日1錠を上限とし、効果が感じられなくても続けて服用する際には最低でも24時間はあけて服用してください。食事には影響されにくいと言われていますが、本来の効果を得るため、出来るだけ暴飲暴食は避け、過度なアルコール摂取、高脂肪食、油の多い食品などは避けておいた方が良いでしょう。ニトリグリセリンや亜硝酸アルミなど、併用禁忌薬がございます、何らかの薬を服用されている方は禁忌薬の中に含まれていないか医師に確認したうえで服用してください。また、糖尿病などの生活習慣病や喫煙習慣のある方に比較的副作用が重く出やすいと言われていますので医師に相談のうえで服用してください。めまい、紅潮、一時的な視力障害、発疹、血圧低下、鼻づまり、筋肉痛、関節痛、消化不良、下痢などが報告されています。また、勃起力が強すぎて痛みを伴う時間が長い、目に充血や痙攣が収まらないといった様な症状の場合も服用を中止し、病院で受診を行ってください。

・メガリスの副作用・
メガリスには、タダラフィルという成分が含まれています。外箱に書いてある「20mg」という表記は、タダラフィルが20mg含有されているという意味です。勃起は海綿体に血液が流れ込むことで起こります。その血液が海綿体にとどまり続けている間は勃起が持続するわけですが、ずっとそのままだとまずいので、男性の体には勃起を解除する仕組みも備わっています。

具体的には、PDE-5という酵素が活性化して海綿体の血液を解放することで勃起が解除されます。PDE-5は射精後だけでなく、性的刺激がないまま放置されたり、体がストレスを感じたりしても活性化し、勃起を解除するよう働きます。中折れなどの勃起不全を起こす人は、このPDE-5の活性化がすぐに起こってしまうことが原因と考えられます。

ところが、タダラフィルは勃起解除に関わるPDE-5の働きを阻害します。PDE-5がうまく動作しなくなるため、いったん起こった勃起が持続しやすくなるのです。バイアグラに含まれるシルデナフィルなども同様の動作を行いますが、タダラフィルの方が副作用などのリスクが少ないと言われており、利用者が増えている要因となっています。実は、タダラフィルは前立腺肥大の治療薬としても使われています。PDE-5の活性化は排尿障害の原因にもなるのですが、タダラフィルを摂取することでPDE-5の働きが阻害され、排尿障害の治療に繋がることになるのです。

なお、日本では2014年はじめにタダラフィルを含むザルティア錠が前立腺肥大の薬として承認されました。ザルティアには1錠にタダラフィルが5mg含まれているため、服用するとEDにも効果があるかもしれませんが、勃起不全治療薬としては処方されないので通常は手に入れることができません。やはりタダラフィルを利用したいならシアリスやメガリスを個人輸入するのがもっともてっとり早いと言えます。

出典:http://ncjudges.org/

シアリス・持続時間一番長いED治療薬

シアリス
シアリスはイーライリリー社が開発した勃起不全のED治療薬です。 シアリスは他のED治療薬よりも高速に作用して効果が長時間持続する世界シェアNO1のED治療薬です。

成分
シアリス成分はタダラフィルです。

タダラフィルはタダラフィル(Tadalafil)は、長時間型のホスホジエステラーゼ5阻害剤(英語版)であり、日本での適応は、勃起不全 (ED) 、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大の排尿障害である。商品名はそれぞれ、シアリス、アドシルカ、ザルティアである。

タダラフィルの作用機序は生体内で環状グアノシン一リン酸 (cGMP) の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これが陰茎周辺部(もしくは肺)のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増える(もしくは血圧が低下する)ことによって機能すると考えられている。前立腺肥大症においては、前立腺及び膀胱平滑筋の弛緩も薬効に寄与している可能性があります。

効果
シアリスは投与後、10mgで20~24時間、20mgで30~36時間にわたり性的刺激に応じてのみ勃起機能を改善する効果が認められており、食事の影響も受けにくいとされています。そのため、服用時のタイミングや薬効が切れる前に性行為を終わらせなければいけないといった心配を大きく軽減することが期待されます。

副作用
外国で実施されたプラセボ対照二重盲検並行群間比較試験(13試験)、本剤2.5mg~20mg群に割り付けられた総症例2047例中599例(29.3%)に副作用が認められています。主な副作用は頭痛258例(12.6%)、消化不良139例(6.8%)、背部痛63例(3.1%)、筋痛57例(2.8%)、潮紅51例(2.5%)、鼻閉35例(1.7%)、四肢痛34例(1.7%)等です。

タダシップ・シアリスのジェネリック薬

タダシップ
タダシップとは、シプラ社が開発した勃起不全のED治療薬です。 タダシップは、シアリスジェネリックで、成分や効果は同一の為、安全な医薬品で安く購入出来ます。 従来のED治療薬に比べ、副作用が少なく持続時間が長いのが特徴です。

成分
有効成分はタダラフィルです。

タダラフィルは長時間型のホスホジエステラーゼ5阻害剤(英語版)であり、日本での適応は、勃起不全 (ED) 、肺動脈性肺高血圧症、前立腺肥大の排尿障害である。商品名はそれぞれ、シアリス、アドシルカ、ザルティアである。先行する同効薬シルデナフィル(バイアグラ)など、他のED治療薬と異なり、翌日にも作用が持ち越す長時間型であり、食事の有無にかかわらず作用する点が異なる。

タダラフィルは、生体内で環状グアノシン一リン酸 (cGMP) の分解を行っている5型ホスホジエステラーゼ (PDE-5) の酵素活性を阻害する。これが陰茎周辺部(もしくは肺)のNO作動性神経に作用して血管を拡張させ、血流量が増える(もしくは血圧が低下する)ことによって機能すると考えられている。前立腺肥大症においては、前立腺及び膀胱平滑筋の弛緩も薬効に寄与している可能性があります。

副作用
タダシップの副作用はシアリスとほぼ同じです。主な症状は頭痛、消化不良、背部痛、筋痛、鼻づまりなどです。でも、個人差によって、副作用の程度は違うところがあります。